コロナの医療給付金が見直されるそうです

query_builder 2022/09/02
ブログ
静岡 家計相談

 こんにちは、株式会社未来creation LEAF 代表 山崎栞里です。

 静岡市を拠点に活動している超自由人系ファイナンシャルプランナー、終活ライフケアプランナー、上級相続診断士です。

 静岡、愛知、岐阜、三重、山梨、神奈川を中心に家計のやりくりから始める家計相談、自分らしい最期を描くための終活相談、家族の想いを受け継ぐための相続相談を行っております。

 オンラインやお電話でのご相談にも対応しておりますので、日本全国各地遠方の方、お忙しい方、お出掛けが大変な方でも是非お気軽にご相談ください。

 お客様の不安やお困りごとを解決し、幸せな暮らしを築くお手伝いが出来るようLEAFが全力でお客様のお力になります。



 コロナで自宅療養した方にも支払われている医療保険の保険金。

 10日間外に出れず仕事も出来ず、私のような経営者や個人事業主にとってはとてもありがたい存在です。

 実際には薬や食事など税金でまかなわれている部分も多く、通常の病気での入院のような医療費はあまりかかっていないのが現実。

 私も陽性診断を受けた際の病院にはお金を払いましたが、薬は無料、翌日から市がお弁当を届けてくれる、しばらく待つと県からレトルト食品が届くという対応にかなり助けられました。


 この自宅療養における保険金の給付が見直されるそうです。

 きっとここまで爆発的に感染者が増えてしまうと、各社の医療保険制度自体対応にも財政的にも負担が増えてしまっているのが一因かもしれません。

 社会保険等に入っている人であれば4日目からは傷病手当金制度が利用出来ますし、会社によっては出勤扱いで通常通りの給料をくれるところもあると聞いています。

 そうなると自宅療養者全員に保険金を支払う必要はないのかもしれませんね。

 万が一保険金が支払われないという方向になったとしても、上手く自分に合った制度を利用して困窮しないよう他のセーフティネットを機能させて欲しいと思います。


 私個人的に怖いのがコロナよりもその後の後遺症ですね。

 幸いにも私はせきも止まりましたが、中には後遺症が抜けずずっと苦しんでいる人も多いと聞きます。

 休職、退職を余儀なくされて自宅療養中のような制度も整っていなく、経済的に困窮してしまうケースが増えているそうです。

 今は感染者対応に追われ余裕がないのが実情だとは思いますが、そのような人たちのための制度を整えていって欲しいなと思います。

記事検索

NEW

  • 就業機会を奪う保証人問題

    query_builder 2022/09/26
  • ついにkyash cardを作ってしまいました☆彡

    query_builder 2022/09/25
  • 静岡では私史上初の大雨が降りました

    query_builder 2022/09/24
  • 日本の医療制度って充実してるらしいです

    query_builder 2022/09/22
  • 良質な睡眠のために

    query_builder 2022/09/21

CATEGORY

ARCHIVE