明日学校へ行くのがつらいあなたへ

query_builder 2022/08/31
ブログ
静岡 家計相談

 こんにちは、株式会社未来creation LEAF 代表 山崎栞里です。

 静岡市を拠点に活動している超自由人系ファイナンシャルプランナー、終活ライフケアプランナー、上級相続診断士です。

 静岡、愛知、岐阜、三重、山梨、神奈川を中心に家計のやりくりから始める家計相談、自分らしい最期を描くための終活相談、家族の想いを受け継ぐための相続相談を行っております。

 オンラインやお電話でのご相談も対応しておりますので日本全国各地遠方の方、お忙しい方、お出掛けが大変な方でも是非お気軽にご相談ください。

 お客様の不安やお困りごとを解決し、幸せな暮らしを築くお手伝いが出来るようLEAFが全力でお客様のお力になります。



 明日から9月ですね。月日が経つのは本当にあっという間です。

 最近では8月の後半から学校が始まると聞きましたが、きっと明日学校へ行くことがとてもつらいと感じている子どもたち、生徒たちも少なくないと思います。

 誰にも言えない悩みを抱えていたり、集団生活になじめなかったり。

 朝はつらくても学校に行って少し時間が経てば特に何も感じなくなっている、という人は朝踏ん張って学校に行きましょう。


 だけど学校に行くことが苦痛で仕方ない、ずっとつらい、いっそこの世から消えてしまいたい。

 そんな人は学校に行かなくても大丈夫です。

 精神的に壊れてまで学校に行かなくても、明るい将来を築くことは出来るから。勉強は学校じゃなくても出来るし、信頼出来る友達は学校じゃなくても作れるから。

 無理して学校に行って、そのまま精神的に壊れて将来に影響を来すことが一番の問題だと私は思います。



 あと私が中学・高校の頃に感じていたこと。

 多くの場合、不登校を経て保健室登校になって教室復帰する生徒が多いと思いますが、中には不登校にならずにいきなり保健室登校になる生徒もいます。不登校になってないから、学校には来れてるから大丈夫、と安易に考えない方がいいと思うんですよね。

 家庭環境がひどすぎて家庭で心理的安全性を感じられないから、家庭環境の影響で他人を信じることが出来ず教室が怖いから、家庭にも教室にも居場所がなくやむなく保健室登校になってしまっている人もいるんだということ、もう少し先生や周りの大人たちに理解して欲しいなと思います。

 きっと家庭に居場所があったら不登校にもなれるし、親に理解があるならフリースクールという選択肢もあるはずなので。

 きっとそういう子の方が助けを求めているし、支援が必要なんだと思います。

 孤独に闘っている子どもたちのこと、見落とさない社会であって欲しいと願う毎日です。

記事検索

NEW

  • 就業機会を奪う保証人問題

    query_builder 2022/09/26
  • ついにkyash cardを作ってしまいました☆彡

    query_builder 2022/09/25
  • 静岡では私史上初の大雨が降りました

    query_builder 2022/09/24
  • 日本の医療制度って充実してるらしいです

    query_builder 2022/09/22
  • 良質な睡眠のために

    query_builder 2022/09/21

CATEGORY

ARCHIVE