冤罪の恐怖

query_builder 2021/09/30
ブログ
静岡 更生保護

 こんにちは、LEAF 代表 山崎栞里です。

 最近また冤罪事件が起きたみたいですね。


 もちろん罪を犯してしまった人を適正に裁くことはとても大切なこと。

 少なからずともつらい思いをした被害者がいるわけだし、社会の平和や秩序を守るために野放しにはしてはならないことの方が多いです。

 同時にしっかりと本人が自分のしたことの意味を理解し、反省し、もう二度と行わないと決意すること、そして周りの人間がそれをしっかりと見守り続けることが本人のためにもなると思います。




 しかしながら、自分がやってもいないことで逮捕され、起訴され、有罪判決を受けるということは何があっても絶対に避けなければならないことだと思います。

 逮捕された後で、自分がやっていないことをやっていないと言ったら反省していないと捉えられ、保釈請求すら認められなくなる場合が多いんですよね。やってないものはやってないのに、それを言ってしまったらかえって自分の立場が不利になる。

 そして早く社会に戻るために、早くつらい状況から逃れるために、つい虚偽の自白をしてしまうんですよね。

 たとえその結果がさらに悪い状況を生じさせたとしても。


 無実の人が冤罪に苦しんでいる間に真犯人が悠々と暮らし、本当に罰すべき人間を罰せられないまま逃してしまうことにもなり得ます。

 そして再び同じ罪を犯してしまうかもしれない。




 私は社会から冤罪がなくなり、すべての人たちが平和に暮らせる社会になって欲しいなと思います。

記事検索

NEW

  • 就業機会を奪う保証人問題

    query_builder 2022/09/26
  • ついにkyash cardを作ってしまいました☆彡

    query_builder 2022/09/25
  • 静岡では私史上初の大雨が降りました

    query_builder 2022/09/24
  • 日本の医療制度って充実してるらしいです

    query_builder 2022/09/22
  • 良質な睡眠のために

    query_builder 2022/09/21

CATEGORY

ARCHIVE